Jen Cityを歩く

鈴木英哉さんの五十路を祝う 弐の段
この世の中にはたくさんのJen Cityがひそんでいる。
すずき、ひでや、じぇん、Jen、、、
「あ!」と思ったらそこはもうJen City。
皆様が遭遇したJen Cityをご紹介します。

らんの遭遇
らんが遭遇したJen city

ジェンチャン、漢方では胃の薬。
ジェンさんは心のお薬。

余談、リンドウは9月16日の誕生花。
9月16日はthe pillowsの誕生日。

みすちびの遭遇
みすちびが遭遇したJen city

通勤途中、閉まったシャッターの下の方が何やら光っている…。近寄って見ると、
Jen City!
朝っぱらから人目をはばからずしゃがんで撮影。

みすちびの遭遇
みすちびが遭遇したJen cityその2

大阪の都島にて。
日出屋と書いてひでや! Jen City! 吸い込まれるように入店しました。名物だというチャーシューメン(醤油)を注文。赤身とバラを選べたので赤身を選ぶ。お味は、、、美味しい! 優しさと満足感を得ました。個性派が好きな方にはパンチのあるメニューもありました。さすがヒデヤ! そして会計時に知った本日半額! ヒデヤ!!!!

みすちびが遭遇したJen cityその3

あなたも知らず知らずのうちにJen Cityに引き寄せられていませんか?
体験談お待ちしております。

HOME

※当サイトに掲載されている画像の無断転載はご遠慮下さい。

Tweet